当社の翻訳工程

当社の翻訳サービスは以下の翻訳工程を経て、納品となります。

(1)原稿の対象技術分野について一般文献(日本語&英語両方)を読み込み、背景技術の理解。

この際、当該技術分野特有の専門用語(英単語や和語)を把握準備。

(2)(1)にて予習した翻訳者が翻訳開始。この際、翻訳スタイル(PCT,US出願別)やお客様の好みに応じた翻訳姿勢で訳出。

(3)翻訳文内の用語の統一をチェック。

(4)専属翻訳チェッカーにて翻訳文チェック。

なお、お客様のご希望あれば、英訳の場合、当社契約(厳密な守秘義務契約)の、専門のプルーフリーダー(アメリカ人またはオーストラリア人)にてプルーフリーディングを承ります。このとき、機械、材料など分野別のプルーフリーダに依頼致します。

(5)2)の翻訳者が再度翻訳文の論理構成について最終チェック

このとき、英訳の場合は、出来上がった英文と図面だけで論理構成が成り立つかをチェックします。また、プルーフリーダのチェックに関しては、日本語原稿のニュアンスが変わっていないか確認し適切な指摘は積極的に取り入れていきます。(ただし日本語原稿のニュアンスがプルーフリーディング後で変わる修正についてはあえて採用しないようにします)。

和訳の場合は、出来上がった日本語文と図面だけで論理構成が成り立つか、自然な日本語かをチェックします。

お客様へ納品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>